抜歯即時インプラント

キービジュアル

ご存知ですか?
オペ当日「歯が入る」治療法を。
1本からでも対応できます。
※お口の状態によっては
当日に歯が入らないこともあります

➤従来法の1/2の治療期間
痛み腫れが少ない

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

抜歯即時インプラントとは?

一般的に行われているインプラント治療は、抜歯後、その部分が治癒するまで待つ必要がありますので、歯がない期間が数ヵ月あります

しかし、抜歯即時インプラントとは、その名の通り、抜歯してすぐにインプラントを埋入する治療法です。そのため、オペ当日から歯が入りますので、歯がない期間がありません(お口の状態によっては当日に歯が入らないこともあります)

抜歯即時インプラントの特長をメリット/デメリットを含めてご紹介します。

抜歯即時インプラントの「メリット」

メリット1患者様の負担が大きくなる「骨造成」が不要

造成

一般的な手法の場合、抜歯してから傷が治癒するまで数か月待つ必要があるのですが、その間に、顎の骨が減ってしまいます。インプラント治療は顎の骨にインプラントを埋め込みますので、顎の骨が減ってしまうと、そのまま埋入することが難しくなります。その際、どのようにするかというと、「骨造成」という手法を取ります。この方法が追加されると、追加費用が発生し、治療期間がさらに伸び身体への負担も大きくなります

しかし、抜歯即時インプラントでは、その日のうちにインプラントを埋入しますので、上記のことは生じません。

メリット2歯茎を「切ったり/めくったり」しません

埋め込み

一般的なインプラント治療では歯茎を切ったり、めっくったりすることを行います。そうすると、治療後に「痛み・腫れ」の原因となります。

抜歯即時インプラントでは、抜歯した際に生じる「穴」にインプラントを埋め込みますので、一般的な抜歯と同レベルの痛み・腫れしか生じません。また、身体にほとんどダメージを与えない治療法のため、治癒期間も大幅に短縮されます。

メリット3「治療期間」が1/2に短縮/「来院回数」も減少

1/2

一般的なインプラント治療は2回以上の外科処置が必要となります。
抜歯即時インプラントは1回の処置で終了しますので、治療期間も半分になり、当然、来院回数も半分になります。

抜歯即時インプラントの「デメリット」

デメリット1すべてのケースでできるわけではない

歯周病がかなり進んでいる方骨の量が非常に少ない方はこの治療法は適応できませんので、一般的なインプラント治療のご提案となります。

デメリット2術者の技術力/経験に左右される

後述しますが、この治療法は「難しい治療法」です。
そのため、経験の浅いドクターが行うと失敗してしまう可能性が高まります

抜歯即時インプラントは、どの医院でも「できるわけではありません」

院長

ここまで読み進めた方は、「抜歯即時インプラントは一般的な治療法と比べ優れているのに、なぜ普及しないの・・・?」と疑問に思われるかもしれません。

普及しない理由は簡単です。

この治療法は難しく、術者側からすると手間暇がかかる治療法だからです。

例えば、オペ時に利用する器具・消毒薬の選択をはじめ、インプラントを埋め込む場所・深さ、さらに感染防止に十分に配慮した縫合方法など、治療前・治療中の慎重な判断、手さばきが必要になります。

当院の担当医は、抜歯即時インプラントの第一人者のもと多くの経験を踏んでいますので、安心して治療に臨んでいただけたらと思います。

「安全性を追求」したオペ体制

抜歯即時インプラントは術者の経験や技術力はもちろんのこと、オペを安全に遂行するための「体制」も大切になります。当院の体制の1部をご紹介します。

体制1CT撮影を必ず行う~「確実性」をいかに高められるか

CT

CT画像

CTとは、立体的(三次元)に骨の状態や神経の位置を把握できる特殊な撮影装置です。
二次元のレントゲン(歯科医院にある通常のレントゲン)では見えなかった事、分からなかった事が、CTなら正確な診査と診断ができ、安全性と治療の確実性を高めることが可能となります。

医療において「見える」「見えない」は治療クオリティに大きな差が出ます。ましてや外科手術を伴うインプラントにおいてはなおさらです。

CTは院内に設置していますので、わざわざ撮影のためだけに大学病院に行く必要もありませんし、オペ中/オペ後にもすぐに撮影し、現状を把握できますので、確実性/安全性が高まります。

体制2衛生管理体制/オペ室

オペ室

インプラント治療は他の治療と異なり外科処置が伴いますので、万全の態勢で臨む必要があります。特に治療部位への感染防止のため、滅菌体制の構築は大切になります。当院では個室のオペ室があり、オペの際には完全滅菌体制で治療に臨みます。

また、「空間」の滅菌だけでなく、利用する「機器」の滅菌も当然大切になります。

ガス滅菌器

一般的な滅菌器(オートクレーブ)では滅菌できないチューブやプラスチック類等、あらゆる機材の滅菌が可能なホルマリンガス滅菌器です。ウィルス(HIV・HBV等)に対する殺菌においても抜群の効力を発揮します。

アクティブドライ

医療用 / 器具除染用洗浄器「アクティブドライ」を導入しています。励起酸素と紫外線の力で除染・消毒のための洗浄を行ってくれる器械です。これまで、薬液消毒で対応していた器具をクリーンにしてくれます。

体制3充実の保証期間~自信が保証期間にあらわれます

インプラントの保証期間はその医院の「自信の表れ」とも言えます。
当院では5年/10年保証で対応しております。

最後に、担当医からのメッセージ

インプラント治療は「どの医院で行っても同じ結果になる」。
このようにお考えの方が多くいらっしゃいます。

院長

これは誤った考え方です。

歯が失われた部分にインプラントを埋め込むことはどのドクターでもできます

しかし、見た目の美しさ、身体への負担軽減、経済的負担の軽減、治療期間の短縮、そして数十年後も維持させられるかどうかはどのドクターでもできるものではありません

インプラント治療はその場限りのものではなく、何十年も使い続けるものです。
中途半端な治療をしてしまうと、早期にインプラントが脱離してしまう他、他の歯にもダメージを与え、回復させるために長い期間と多額の費用が掛かってしまうこともよく見受けられます。

値段が安いから、先生が優しそうだから、最新の設備があるからなど、安易な考えで治療をする医院を決めて良いものではありません。

担当医の経験/人柄/熱意等も含め、総合的に判断し治療を受ける医院を決定することを強くお勧めします。

「個別」相談へのご案内

  • 無料相談
  • インターネット予約
  • 三田駅・田町駅徒歩5分
  • 03-5232-4618
診療時間
午前の部
10:00 ~ 13:30
(受付時間13:00)
午後の部
14:30 ~ 19:00
(受付時間18:30)

※土曜日の午後の部:14:30~17:00

料金体系

料金体系は料金表をご参照ください。

このページの先頭に戻る